« 身体を守る 「秘密兵器」 | トップページ | 2018 北海道タンデムツーリング 2 »

2018年7月26日 (木)

2018 北海道タンデムツーリング 1

 今年はスタート前になんだかんだと有りましたが 北海道へ無事行って来れました。                    27日 千歳の到着時 雨降り状態。 バイク引き渡し場所のレンタ会社へ行き レインウェアーを着込むも 気温も低く 蒸れ感も少なく 11時前 小雨降る中 スタートです。
Dsc08569_2 今回 同行する義兄をミラーで確認しながら・・・、早々 道央圏連絡道の乗り口を過ぎてしまいUターンです。 道東道へ乗ったころには雨も殆んど止んだものの まだいつ降るか 不安定なのでそのまま占冠まで。 
 

昼も過ぎ 占冠駅前の「メープル」で昼食に。 占冠には「道の駅」と土日定休の「村民食堂」と「メープル」しか食事処が無いようなので ローカル評価のほど良いこちらで。
レインウェアーの上だけ脱いで店内へ。 店内は 漫画(単行本)なども置いてあり リピーター率が高そうな食堂です。 こちらで初めてのカレーラーメンを美味しく完食。 カレーうどんよりいいです。 癖になりそうです。
      Dsc08573           Dsc08570
              Dsc08571           Dsc08572
食後 撮り鉄ではないけど駅へ。 ここの区間は特急のみで通常料金で乗れるとの事です。
ただ 1日 上下 6本づづでこの設備。 昔はさぞ・・・。

防寒を兼ね レインウェアーを着て富良野へ。 再び あの「とみたメロンハウス」へ。
ショップの皆さんへ 挨拶をし 「熱烈歓迎」を受け 記念に皆さんと写真を。
御迷惑をかけてしまっているので 北海道での メロンの買い物は 極力 トミタさんでと。
Dsc08576 Dsc08574 Dsc08579
隣のファーム富田へ立ち寄ってみると 花の開花量が少ないです。 時期が遅れているようです。 ラベンダーイースト向かいましたが やはり開花が全然でした。 天候不順が続いていたのが原因の様です。 

上富良野~千望峠越えで美瑛へ。 この日はそのまま旭川Dsc08592の宿へ。
夫婦での泊りなのでほとんどがビジネスの安いところをチョイス。 特に旭川は北海道 第二位の都市なので比較的に宿泊費が高い所が多く この日は会員になっている 「東横イン」さんです。 
駐車場は 提携駐車場 2社で 出し入れ自由の露天と 出し入れの都度に料金の発生する立体ビル型。 もう出かけないので安全なビル型へ。 

夕食は家内と「味彩ぜん」さんへ。 「まんま屋ぜん」の建物無くなり 直ぐ近くに新店舗となっていました。 こちらでは 普段食べる事の無い 「食べたい物」を頼み 贅沢三昧。 
とても満足。 
Dsc08581 Dsc08582 Dsc08583
Dsc08585 Dsc08584_2 Dsc08588
宿へ戻るときに荷物をとドゥービルの元へ。 
その同じフロアに 福岡ナンバーの 「Can-Am Spyder RT」が Dsc08593 鎮座していました。 直線の多いい北海道にはうってつけの車両です。 以前 道内でグループツーリングの一団と出くわした記憶が有ります。 二輪では転倒のリスクは有りますが これは事故らない限りは。 ツアラーとしてリスク回避には非常に良いとは思いますが 渋滞の有る関東では キレてしまうでしょう。 

 

Dsc08603_2 8日、予報を裏切る良い天気。 裏切り続けてDsc08604頂きたい天気予報が続いていますので。
出掛ける前の3日に 忠別湖の上の「天人峡温泉」で道路が流されたとの事で道路への土砂の流出などに気を付けながら 「旭岳ロープウェイ」へ。 忠別湖の土色に濁った状態から予想外に土砂の流出も殆んど無く 駐車場へ。 

姿見駅へ上がると
 予想以上に気温も高く半袖でも十分。全景を観ると 噴気孔が増えている?? 噴気量が多いい様で 今迄で初めての量です。 

    Dsc08607        Dsc08618 

                Dsc08624        Dsc08629
残雪量も例年以上で 
花は殆んど咲いておらず 思いっきり遅い様で 残念でした。 


下山し「道の駅東川道草館」でソフトクリームを。 昼を回ってDsc08632いたの で 裏の「蝦夷
ラーメン」さんで昼食に。13時前で  円卓、カウンターを含め 満席状態です。 ちょうどテーブルが空いていてそちらに。 2日続けて昼にラーメンですが 美味しいので飽きません。

 

 

13時半となり 今日の宿は北見ですが ストレートに行くと 早すぎます。 なので 山向こうの糠平湖、 キタキツネ牧場経由で 270kmを早送りで進むことに。

Dsc08634 1時間ほどで 層雲峡に。 写真を撮り 三国峠へ。 とても雄大な景色の中を進みますが チョットマイペースなグループツーリングには困ってしまいます。 慣れた方々であDsc08636れば 追いついてきたグループに先へ行かせようとして スムーズに譲 ってくれるのですが。
そんな気配は皆無。 緩いとは言えコーナーが続く道で追い抜いて先行するのは 2台では なかなか難しく 糠平湖まで数キロを大名行列の後ろについて走り  タウシュベツ川橋梁展望台へ。 タウシュベツ川橋梁を見ると 水位が高く 橋の上部だけが出ている程度。 
展望台へ行く途中で シマリスにも遭遇したので ここはこれでと次へ。

糠平を少し下り 道468(酷)へ左折。 14.5kmと短いですが荒れた舗装を 道88へ。
よく整備された道88をR39に出るまでの60㎞、 殆ど車との遭遇Dsc08638 も無く 「この先 急カーブ」の看板の先の急カーブ?を高速制限速度で無理なく抜けていきます。
牧場なども無い所でしたが気温が上がった事もあり 山中なので それなりに虫が。 スクリーンの上を通り過ぎた虫で 背の低い家内のヘルメットの上面も虫だらけ。 R39に出た所で軽く拭って キタキツネ牧場へ。


入場料もJAFカードで割引もあり 記念に。 野生の狐は触れる事が出来ませんが こちらでは 人馴れした狐と触れあえます。 
Dsc08659_2 Dsc08639 Dsc08648
施設は古いですが キツネ達の為に フンなどもその都度清掃し 綺麗にしていて 動物園とは違いし匂いも気になるほどではありませんでした。
Dsc08661 Dsc08662 Dsc08669   

17時40分過ぎ 西日を背に受け 北見の宿へ向け一っ走り。
・・・・「
Sunshine on my shoulders makes me happy・・・。」 ン、 カミさんが被って背に受けてない("^ω^)・・・

 
Dsc08673 この日の宿は「コンフォートホテル北見」さんです。 
メルマガ、クーポンとで2人で東横さんより安いのでこちらに。



昨今のビジネスホテルは何処も
バイキング形式での朝食サービスが主流になっているのでとても助かります。 

« 身体を守る 「秘密兵器」 | トップページ | 2018 北海道タンデムツーリング 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018 北海道タンデムツーリング 1:

« 身体を守る 「秘密兵器」 | トップページ | 2018 北海道タンデムツーリング 2 »