« 2018 北海道タンデムツーリング 2 | トップページ

2018年8月11日 (土)

2018 北海道タンデムツーリング 3

11日、 朝からしっかりと雨です。 根室は気温も9℃から上がらない予報。 でも 今日の目的地の帯広は 24℃と 1日で冬から初夏まで味わえる?移動日に。

        Dsc08808    Kimg6822

 今回の根室の宿は 朝食サービスで2人1部屋で \16,200-と 普段のビジネスの倍以上の額ですが それでも根室で最安でした。 ホテルが少なく選択肢は余りありませんでした。 部屋も朝食も良く価格に見合っていたので辛うじて◎でした。

朝食を済ませ 長靴を履き 雨のフル装備で スタート。  雨の中 霧多布へ向かう間 雨は小降りになるものの 止むことなく振り続けました。 途中 伴走車両付きのサイクルイベントのグループが雨降る中 走っていました。 中にはレーパンの人も。 寒いので、思わずグリップヒーターのスイッチをONに。 

Dsc08813_2 Dsc08810 Dsc08811
霧多布岬へ到着。 小雨です。 岬から浜中町へ降り セイコーマートで一休み。 レインウェアーを脱ぐか悩む程度の降りに。 でも 厚岸まで霧の中となるので着たままスタート。

 北太平洋シーサイドラインを霧と小雨の中 厚岸へ。 漁協直売所の「Aウロコ」に寄り 牡蠣をイートインで。 また 期日指定で自宅へ牡蠣の送付を手配。 
Dsc08815

R44で釧路へ向かう途中 昼過ぎとなり 尾幌駅近くの「太厚食堂」で 昼食に。 寒さも緩み暖かくなって来たけど 皆でラーメンです。

    Dsc08817    Dsc08818
 表に出ると 天気も上々、気温も上がり レインウェアーを脱ぎ 釧路へ。 少し行った所で再び雨が。 路肩に停まり ウェアーを着て市内へ。 また雨が止み気温が上がって来て暑い。 市内を抜けた所で レインウェアーを脱ぎ 「道の駅しらぬか恋問」で一息。  20℃過ぎた。 日向は暑い。
朝の9℃は何処へ。 
快走を続け 帯広に。  宿へ行く前に 帯廣神社へ。 
脇道の川沿いの木陰にバイクを止め 境内へ行き 「鮭みくじ」を。 

Dsc08826 Dsc08827 Dsc08832
Dsc08824 Dsc08823 Dsc08829 Dsc09050_3

釣りをする チョットゲーム感覚。 鮭が記念品になります。 夕方ですが気温は25℃を越し 木陰が丁度良い状況です。

帯広の宿は「ホテル・ムサシ」さん。 HPで 「バイカー限定プラン」 が有り 地下駐車場を使用し 通常のネット価格より お得な 1人 \3900-で 駅近、朝食付きです。
Dsc08835 Dsc08836 Dsc08833
朝 撤収したバイクカバーを乾かす為バイクに被せ 義兄は最寄りのホテルの温泉へ。 当方は妻と2人、夕食に 以前来た時 定休だった地元の居酒屋「えふし」さんへ。 ほぼ満席でしたが小上がりへ。 2人で食べたい物だけ 程よく食べ 満足~。 

12日 曇りです。 天気、風も耐えれそうなので 襟裳岬経由で室蘭への まとまった距離の移動日です。 広尾国道から 帯広・広尾自動車道へ乗り 幸福交通公園へ立ち寄り70年代を少し懐かしみ 早々にスタート。 
      Dsc08838        Dsc08840
自動車道が終わる頃から薄っすらと霧から雨に。 路面が濡れる程ではなく 間もなく止んできました。 そのまま 道の駅コスモール大樹へ立ち寄り。 特に重ね着もしないまま ナウマン国道で広尾を抜け 黄金道路へ。 この道路名の由来は「建設費の掛かり方」で黄金を敷いたかのごとく トンデモない費用が掛かっているとの事からその名が付いたとの事です。 少し恥ずかしい内容ですネ。 
霧の間からチラホラと青空が見え始め 道道34へ左折。 11時45分 到着。
Dsc08846 Dsc08848 Dsc08849
襟裳岬は・・霧が残ってしまいましたが 強風ではありませんでした。 写真を撮り 日高堂へ向けスタート。

昼食は セイコーマート船越谷店の表のテーブルで。 気温も上がり 表でのランチに丁度イイ陽気です。 食事後 隣のGSで バイクも満タンにし 日高自動車道を目指します。 途中 日高厚賀ICが出来ていたのを知らずに ICへの右折を見落としてしまい 次の日高門別ICへ向かいます。 国道をIC側へ右折する手前から雨が。 ICに乗る手前で急遽レインウェアーを着込み 日高自動車道へ。 降っては止み降っては止みを繰り返しながら 道央道へ。 風が有り 天気もはっきりしないまま 16時前 樽前SAでレインウェアーを脱ぎ 長靴はそのまま。 走り出し また雨が。次の荻野PAで再びレインウェアーを。 忙しい~。 
登別室蘭ICで降り 17時10分 地球岬に到着。 駐車場でレインウェアーを脱ぎ 
そこで SRとW800のカップルが「宿は何処を」との問いが。 今日の宿が まだ決まっていないとの事です。 当方の宿を伝え見学に。 天気が良ければな~。 
            Dsc08853               Dsc08865

駐車場へ戻っても先程のカップルが。 他の宿ですが確Dsc08869保出来たとの事です。
来た道を戻り 東室蘭の「ホテルニューバジェット室蘭」へ。 駐車場は裏の露天です。 こちらも朝食付きで 2人で¥8600-と 駅近の割にお得な価格でした。 


Dsc08870 夕食は 近くの「味しん」さんへ。 こちらでは室蘭名物 「カレーラーメン」を。 待っている間に表は土砂降りに。  
評価が高めのお店だけあって 美味しいです。 20時までなので食べている間に暖簾を片付け 食べ終わった時は閉店時間とギリギリのタイミングでした。 店を出た時には雨もほぼ止み セイコーマートへ寄ってアルコール類を買いホテルへ。

この日は 391kmの距離を走り 天気も有り 疲れました。 明日以降は この半分以下の予定で 身体を休めます。

 

« 2018 北海道タンデムツーリング 2 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626983/74001813

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 北海道タンデムツーリング 3:

« 2018 北海道タンデムツーリング 2 | トップページ