« 2019 九州タンデムツーリング 其の弐 | トップページ | 2019 九州タンデムツーリング 其の四 »

2019年10月27日 (日)

2019 九州タンデムツーリング 其の参

9日、朝食はコンビニオニギリで済ませ 9時過ぎホテルをスタート。 
  Dsc01076    Dsc01078_20191027211501
R34~251~57~県128で雲仙温泉まで。 再びR57に出て左折し途中の展望台へ立ち寄った後 10時40分 雲仙普賢岳横の仁田峠ロープウェイへ。でもロープウェイには乗らずに展望台で。 
Dsc01085Dsc01098Dsc01093  
15分程で 島原へ向けスタート。 R57で下山。 自動車では入れそうもない街中の狭い路地に入り チョット迷って 11時30分、「浜の川湧水」脇のNHK地方発ドラマのロケに使われた「かんざらし銀水」さんへ。 
2019_1009_112439_172-snapshotDsc01099Dsc01128
平日昼前との事で 到着時 お客さんは入っておらず 店内外を見物。
表の石碑には 初代、二代目の名前が。 初代、2代目の孫へと続いた店も 2008年 閉店、 島原市が町おこしで 銀水さんを復元、再び 開店させたとの経緯がある様です。 
Dsc01103_20191027212501Dsc01108Dsc01107
Dsc01104Dsc01119Dsc01120
雰囲気の有る湧水桶の前のカウンターに席を取り こちらで「かんざらし」と「ねぎやき」で ランチに。 少し経ってから カップルが座敷に。 少し離れた所に自動車用の駐車場が有りますが台数は限られています。 それでも休日のお店は 混み合うようです。

12時15分 店を出て最初の「道の駅みずなし」に立ち寄り普賢岳を下から・・・。 ニュース映像を思い出してしまいます。
Dsc01132Dsc01130Dsc01135 
13時30分 口之津フェリー乗り場へ到着 。 乗船待ちの間にW650が。 ウェアーの状態が厚着とフェイスカバーで関東の初冬相当のスタイルです。 暑くて汗をかいてメッシュジャケットを着ている当方からは考えられない装備です。 
乗船時間になり 2台 フェリーに乗り込みました。 
Dsc01136Dsc01140Dsc01143 
乗船し 話をしていると天草在住で雲仙への日帰りツーリングの帰りとの事。 で「普賢岳は寒かったので まだ着込んでいたけど下りて来て脱いだ。」と・・・。  話が弾み 天草に上陸後 道案内を先導して頂けるとの事に。

14時50分 鬼池港に着岸。 42年前 時間の関係で 辿り着けなかった天草へ上陸です。 
W650さんは 地元の方ならではの情報で 案内を入れて頂き 一緒でなかったらスルーしていた様な「ぞうさん岩」、「十三仏堂」、「スバルのCMロード」など。
Dsc01159Dsc01160Dsc01162
16時過ぎ 大江天主堂へ到着。 折角行ったもののグラバー邸 同様 修復工事の足場に囲まれていました。も
2019_1009_154318_197-snapshot2019_1009_155819_200-snapshotDsc01167
写真を撮っているとW650さんが駐車場脇の特産品ショップで「黒糖と紫芋のこっぱ餅」を購入し地元の味との事でプレゼントして頂いちゃいました。 あいにく食べてしまい画像が有りません。

16時18分 何だかんだで 崎津教会まで先導してもらえ ここでW650さんと葉お別れに。ありがとうございました。 
   2019_1009_161527_202-snapshot   Dsc01171_20191027222001  
見学を済ませ 16時40分 宿へ到着が17時過ぎる旨の連絡を入れ 27km先の宿へアクセルON。 
牛深の街中を少し迷い 宿への入口の路地を通り過ぎたりで 17時20分 本日の宿「サンセット牛深」に到着です。 
Dsc01184Dsc01200Dsc01205 
部屋は広く清潔感もあり 2ベッド。 オーシャン&サンセットビューと抜群の展望です。
夕食もとんでもなく豪華に鯛一匹付き。シーラのフライ、きびなごの刺身など ご飯もおかわり出来るように おひつ付。 
流石にご飯は1杯でもギリ食べ切れない程でした。 家内はタイの半面 残してしまいました。 これで 税込み1人7200円とビックリなお値段。 是非 機会が有れば。

9  本日 194㎞ (フェリー7.7㎞含む) 距離も少なく W650さんとのランデブー走行と良い一日でした。 

« 2019 九州タンデムツーリング 其の弐 | トップページ | 2019 九州タンデムツーリング 其の四 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019 九州タンデムツーリング 其の弐 | トップページ | 2019 九州タンデムツーリング 其の四 »