« 2019 九州タンデムツーリング 其の参 | トップページ | 2019 九州タンデムツーリング 其の五 »

2019年11月 3日 (日)

2019 九州タンデムツーリング 其の四

10日 宿での朝食を済ませ 9時過ぎスタート。 フェリーの前に 不要と判断した着替えや洗濯物を自宅へ発送する為 郵便局へ。 発送を済ませ フェリー🚢で長島の蔵之元へ。  9時40分だったと・・・ 牛深港フェリー乗り場に9時19分到着 すると 9時20分出発? 10時40分と 時間を読み間違えていました。 最悪の1時間20分待ちと思いきや 係のおじさん(失礼、同世代位)がヘルメットをかぶりながらロープを張られた乗船の渡し口まで来てフェリー内の係員へ合図を送ると こちらに来いと手招き。 すると「時間が無いので 向こうについてから支払いをしてもらえればいいから。」と ロープを外し フェリーへ乗船させて頂けました。 
2019_1010_091524_005-snapshotDsc01206Dsc01215
約7,5㎞ 30分程の乗船です。 9時50分 蔵之元港に着岸、 事務所へ行き支払いを。 昨日 天草まで乗った島鉄フェリーさんよりチョット高め。
Dsc01221_201911032244012019_1010_095036_006-snapshotDsc01222
支払いを済ませスタート、と 何故かマンモス。 長崎県の「道の駅 松浦海のふるさと館」にも同じように 木の葉を使った大きなオブジェが有りましたが こちらにも。  5分も走らない所にある 「道の駅 長島」で・・ ここにもオブジェが。 爽快な景色です。 するとここをアジトとしているような懐っこい猫の歓迎?。 餌になる物が無いのですが ひたすらべタベタと。でも何もあげないでいると間もなく見切られ 離れていきました。
Dsc01231Dsc01232Dsc01225
Dsc01233Dsc01230Dsc01226
写真を撮ったりしながら15分程してスタート。 長島を抜け 国内一の鶴の渡来地との出水鶴観測センターへ。 まだ営業シーズン前ですが10月中頃から渡来してくるという事だったので来ているかどうかの興味だけで立ち寄りです・・・が でしたが稲刈りがまだ完了しきっていないせいか 一羽も居ませんでした。残念。 R3へ戻り海岸線に沿って南下して行くと途中 信号待ちで初期モデルの赤いマジェスティ―の方に声を掛けられたものの 排気音や周りの騒音とヘルメットのせいで良く聞こえず 鮎信号で 発進し11時20分過ぎ 2台揃って 少し行った先の「道の駅 阿久根」へ。
Dsc01236Dsc01238Dsc01240
その方の話を聞くと なんと 同じ秦野の方と。 また偶然 名字が同じ。 定年フリーで お寺の御朱印を頂きに回っていて いつ戻るかも未定との事。 フリー 強し。  他にもビッグスクーターとカブを持っていると。 当方とマニュアルバイクとスクーターの違いはあるけど 殆んど同じ(”^ω^)・・・。 将来の自分を見ているかの様です。 ただその時もタンデムしていたいけど。 
マジェスィーさんと別れ そのまま道の駅で昼食をと 店内を回ったものの これといったものも無く 11時50分過ぎスタート。 川内港入口で右折し 原子力発電所横を通過する 県43に。 信号も無く 殆んど車も走っていない超快走ルート。 串木野市で一旦         R3に。 少し行って12時45分「ファミリーマート天狗屋市来店」に寄り パンで昼食に。 こちらに来て カメムシが大量発生と聞いてはいましたが この辺りは酷い様で 店内の床にもいっぱい潰れていました。 勿論表にも。 駐車場で食事を済ませ 気温も上がって来たので 重ね着していた服を脱いで 13時15分 スタート。 

R270へ右折し 南さつま市で右折  海岸線のR226に入り枕崎をと。 この65kmのルート選択Dsc01242 が間違いでした。 笠沙片浦までは良かったのですが野間との分岐から坊津久志までの22㎞か狭くセンターラインが無いブラインドコーナーが連続。  距離が稼げず時間と体力の浪費に。 流石に家内も「腕が疲 れた~」と。 枕崎手前 10kmの坊津の輝津館の駐車場で一休み。 
Dsc01244
景色を眺めつつ 15分程してスタート。  この日も暑く 11日の鹿児島は30℃越えとの事で 家内が薄着の半袖を買うと言うので 枕崎のDiREXで 買い物を。 指宿へ向かうと正面に開聞岳が。 

16時40分 この日の宿 「民宿たかよし」 さんに到着。
今日はフェリーの約7,6㎞を含め250km。 高速も無かったので ソロならカブで丁度良い距離とルートでした。 

宿の部屋は角部屋の和室で清潔感があり 窓が2面で風も通り気持ちイイ和室です。 夕食前に砂風呂にと 17時20分 近くの「砂むし会館 砂楽」へ徒歩で。 フロントで砂風呂用の浴衣とバスタオルをレンタルし 顔周りをカバーするタオルは200円で購入。 絵柄入りなので記念に。 建物内に通常のサウナ付きの風呂も有って 1人 購入したタオルを含め750円ですから 温泉としてお安いのでは。 
Dsc01255Dsc01259Dsc01261
脱衣所で浴衣一枚になりサンダルを履き 堤防沿いを歩いて行き 階段を降り 海岸の砂むし風呂へ。 係の人に指示された所に顔の周りをタオルで巻 横になり 砂をかけてもらい埋没。 太腿やスネに圧力がかかってイイ感じ。 10分程度が目安との事で ジワ~ッツと汗が全身から 出るのが分かります。 頃を見て砂から這い出ます。 砂のメンテが行き届いているのでしょう 浴衣に付いた砂は簡単に叩くだけで意外なほどキレイに落ちます。 建物の風呂へ戻り 砂の付いた浴衣を専用の回収ボックスに入れ 砂を流し温泉に。 海岸から戻る時 向かって来る海外のお嬢さん方の浴衣の着こなしが 強風時はヤバイものでした。 
宿での夕食は「鹿児島産黒毛和牛すき焼きプラン」で。 
Dsc01270Dsc01274Dsc01275
肉の量が多く 他のおかずも有りご飯は軽く・・・でも お腹イッパイ。大満足出来ました。

Dsc01276 11日、今回のツーリングでの最長移動距離、別府までの約Dsc01280 400㎞。 天気予報で桜島の降灰予報が。 海岸沿いルートでは途中で降灰地区を通過しないといけません。 また R226を利用すると片側1車線が続く鹿児島港湾地区までは ひたすら車の尻を見ながらの移動となり 信号のSTOP&GOも重なり時間とストレスが。 そこで伊豆スカイラインの様なレイアウトの山間部を通る「指宿スカイライン」を利用。朝食を済ませ 9時15分過ぎ スタート。 ダルい街中から スカイラインへ。 ガラガラです。 また車も バイクが接近してくる時点で道を譲ってくれます。 10時 「錦江台展望公園 スカイぱれっと」へ立ち寄ったものの 展望台まで歩くとの事でパス。 10時24分 山田料金所を通過、高速に。 北海道と違い 2車線が続きます。 
鹿児島空港ICで降り 11時20分 130㎞ 霧島神宮へ。 ちょうど桜島を眺めれる展望所へ。
遠くに噴煙を噴き上げている桜島が拝めます。 よく見ると 左脇に 82km先の 開聞岳が霞んで観る事が。  
  Dsc01288  Dsc01287
      Dsc01292  Dsc01298
小1時間立ち寄り 12時25分スタート。 えびの高原側のルートは通行止めが続いているので R223で高原ICから高速に入り 霧島SAで給油と昼食に。 
  Dsc01311     Dsc01312
2人で半分つ 霧島ちゃんぽんと冷や汁を。 13時45分 熊本へ向けスタート。
益城熊本IC で降りR57で・・・。これが失敗😵💧。 被災復旧中で迂回に。ミルクロードで産山へ出れば渋滞なども無く楽に行けたはず。 本日最後の休憩予定? 16時30分 道の駅阿蘇に。 ここまで323km、残り 80kmほどです。
  Dsc01314  Dsc01315
15分程の休憩後 スタート。 少し行った所でR57を左折し県40で産山へ一気に激走。 県131~30~690で由布市へ。 その後 県51と繋ぎ R10へ。 ホテル近くの一通で迷走? 宿への到着が7時前に。 
407km 迂回やルートの選択ミスで別府に近づくにつれ帰宅渋滞に重なり 予定以上に時間も掛かってしまいました。

Dsc01322Dsc0131611  
チェックインして夕食を共にする予定の 去年 別府へ移住したバイク仲間のご夫婦の待つ居酒屋に。
夕食とお酒であっと言う間の2時間でした。 また 隣の席で大きな声で盛り上がっていたグループが先に宴席を済ませ出て行く時 1人のおじさんから「五月蠅かったでしょ。迷惑かけたので これを」と 椎茸、昆布の佃煮を渡され「貰いもんだから気にせず貰って」と。 ありがたく頂いちゃいました。 

明日の九州最終日 2台でのプチツーリングの予定を決め ホテルへ。 

 

« 2019 九州タンデムツーリング 其の参 | トップページ | 2019 九州タンデムツーリング 其の五 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019 九州タンデムツーリング 其の参 | トップページ | 2019 九州タンデムツーリング 其の五 »