« 2019 九州タンデムツーリング 其の四 | トップページ | 間もなく12月 秋は早足 »

2019年11月11日 (月)

2019 九州タンデムツーリング 其の五

Dsc01321_20191110203101 12日 九州最終日。 ホテルでの朝食後 別府駅へ行き 7時から開店している 「別府銘品蔵」さんで大分の土産を購入し 駅ビル内のヤマト運輸が9時~との事でお店に買い置きさせて頂き 一旦ホテルへ。 時間を合わせホテルを出て お土産と不用品をまとめて自宅へ発送。 




駅を出て 昨晩のご夫婦、ブログ友達の友蔵さん達との2台でのタンデムツーリングの待ち合わせ場所に。 ブログの写真では拝見していた 「MotoGuzzi」、 先日の伊豆でサイドカーを見ましたが Vシリーズのスタイルは最近では貴重なスタンダードの魅力のあるデザインです。 
  
Dsc01324 友蔵さんのMotoGuzziはマフラーが代わっていますが車体に ベストマッチングで純正ではないかと思える収まり。 アイドリング時の音もイイ感じ。 でも走行時は静か過ぎ? 車検対応品が昨今では当たり前ですからね。 個人的にはエンジンのイメージが出る音が好きですが よくあるSRのキャブトンは好きではありません。 快活なサウンドが好みです。

2台で耶馬溪を目指し 県52~R500、途中左折で一旦R387へ。 直ぐに県27へ右折し深耶馬方面へ。 
2019_1012_100931_015-snapshot2019_1012_101931_017-snapshot2019_1012_110050_025-snapshot
山合いの為か小雨が。 徐々に雨が強くなり雲行きも一段と怪しくなって来たりで 4㎞程行った所でUターン。 ここまで待ち合わせ場所から44㎞。 宇佐でR10に出て 11時過ぎ 77㎞ 「道の駅なかつ」で一休み。 

ここのR10は 42年前 TR125で利用しましたが 勿論の事 当時の景色の面影は皆無です。 農道も今では完全舗装の時代ですから。 

道の駅の休憩所でダラダラと1時間程過ごし 12時15分過ぎ 昼食前に お二人とは別れ新門司へ。 お二人は このまま道の駅で昼食を取られたとの事で。 


走り出し 間もなく 九州最後の給油をし 12時50分 「道の駅 豊前おこしかけ」へ。 食事をと思うも なかなか欲するものが無くスルー。 椎田南ICで高速に乗り 新門司ICまで。 新門司港に一旦到着。 
Dsc01328 時間に余裕を持って来たので ここらで昼食をと県25に出ると 北九州ラーメンの「一龍 門司店」が有り 14時15分 立ち寄り 昼食に。 今回ツーリング中Dsc01327 「ちゃんぽん」を山口、平戸、霧島と3回ほど食べましたが 博多ラーメン系はまだ食べていなかったので ここで。 有名店の様で 味は十分◎です。 


14時45分 食事を済ませ フェリー乗船の16時まで多少時間が有り 家内が「門司レトロ」へ行ってみたいと。9㎞程離れていますが 立ち寄り時間をセーブすれば 乗船には間に合うので 門司レトロへ。 レトロ中央広場横に15時 到着すると広場では「九州オクトーバーフェストin門司港」のイベント開催中、地ビール5社のブースと地元グルメ。 泊まりて来ていなければ参加出来ません。 悔しい・・・。 
Dsc01335Dsc01334Dsc01332  
Dsc01337バナナのたたき売り発祥の地との事で旧門司税関庁舎(バナナDsc01345 博物館)前では たたき売りの 実演なども。 また1日6回の 歩行者専用跳ね橋が降りる所を見ることが出来 海況プラザへ行きバナナチップスなどを買い 30分程で フェリー乗り場へ向け 門司レトロを後に。


15時50分 フェリー乗り場へ。 バイク置場へと誘導され行くと 1台 先客がいるだけ。 するとすぐに乗船をとの指示が。 頭から停めたバイクを押し下げるのは大変なのに・・・。 係員の方が説明してくれているけど早口と方言で 理解出来ぬまま 船内へ。Dsc01348  乗船した甲板から2甲板スロープを下り最下甲板の スロープ脇の極狭へと。 サイドスタンドで停めるので隣のバイクと隙間を保たないとと柱が。ミラーを畳みハンドルは柱の先で直立で柱に被る所まで戻して停止。 荷物の出し入れに 隣のバイクのマフラーが気になります。
 
前日の11日は台風の影響で欠航していたので往路の余裕に対し この日の復路は全く隙間の無いほどに 車に囲まれました。
Dsc01360 往路と同じ船なので船室も往路と同じ部屋を予約。 定刻に出航。  この日の強風の影響から甲板へは出れないとの事でしたが 瀬戸内&満載との事もあり 揺れも気になるほどではありませんでした。 明日は大阪から自宅へ。


13日 早朝 大阪南港への入港制限で全ての船舶が入港出来ないとの船内放送が。Photo_20191110200901 到着時間の5時半を過ぎても入港許可は出ず 6時過ぎ ナビの電源を。 神戸沖を旋回中です。到着時間から2時間半経過の 8時過ぎに着岸、8時15分過ぎ やっと上陸。 


ここ南港から自宅まで来たルートを戻ります。まだ台風の影響で風が強く 雲が凄い速さで流れています。 10時過ぎ 福住の手前からポツポツと。 路面の濡れも目立ち これは来ると思い 10時15分、道の駅針テラスへと。 バイクスペースは一杯で車両スペースまで。 駐車場の片隅へ移動し レインウェアーを着込んでいると イイ降りに。  
2019_1013_100448_070-snapshot2019_1013_100948_071-snapshot2019_1013_103347_073-snapshot
走り出し 10分もすると路面も乾きだし小雨がチラホラ。 まだ怪しいのでそのまま行き 11時 伊賀PAでレインウェアーを脱ぎ 一休み。 20分程過ごしスタート。 10分程走ると 雲も切れ 青空が。 
   2019_1013_104348_075-snapshot   2019_1013_105348_077-snapshot
風が強いので 伊勢湾岸道を避け東名阪~名古屋高速~東名へと。 12時半過ぎ 上郷PAで休憩時に渋滞情報を確認、新清水JCTの前後で渋滞と。 体力と集中力を要する渋滞を避ける為 新東名は行かずに 東名清水ICで一旦降り R1で興津、R52で新清水ICに乗るルートに。  
ガソリ ンを入れ 13時過ぎ スタート。 14時過ぎ 牧之原SAで昼食に。 渋滞情報は変わらず やや伸びた様子。
2019_1013_163754_128-snapshot 食事を済ませ 15時 ラストスパーPhoto_20191111001501 ト 。 15時25分 清水IC、47分 新清水ICに。 残り90㎞、 安全運転で 16時42分 無事高速を降り GSで給油し 16時50分 自宅に到着。


今回の走行距離  2602km  21.2km/Lでした。 
高速道路 1000km以上の内 2車線路では5000rpmをキープ。 社外大型スクリーン、荷物満載、タンデムで総重量 約400㎏弱。 WMTC Mode 20.1km/L との値ですから そう悪くは無いでしょう。 
 

1_20191110234401



今回 ナビのテータが古いのと 九州の高速が 日々伸びていることで 画面上 道の無い所を また 目的地設定すると 無駄に高速を降りる指示が出たり。 そろそろ買い替えが必要そうです。

来年は・・・ また北海道かな?

« 2019 九州タンデムツーリング 其の四 | トップページ | 間もなく12月 秋は早足 »

コメント

別府では楽しいお酒をありがとうございました。運悪く台風だったので、短い時間しか走れなかったのが心残りです。、
思ったより早く帰宅出来て良かった。フェリーも陰ながら心配していました。
私は当面北海道はないと思いますが、また走れる機会があったら一緒に走りましょう。

投稿: tomozo | 2019年11月15日 (金) 16時09分

有言実行の九州タンデムツーリングお疲れ様でした。
予定通りに行かなくても無事に帰りさえすれば全部いい思い出になりますよね。(多分)
ドゥービルでの5000回転キープって結構来ませんか?
同い年のはずなのにMACさんタフだな~。
付き合ってる奥さんも凄いかも。

投稿: たま | 2019年11月18日 (月) 21時06分

友蔵さん 先日はありがとうございました。 あれから早くも1か月経過。 歳のせいか 1週間があっと言う間に。 気が付くと 笑点を見ている状況。

四国からフェリーを使えば 当日九州入りが可能ですが 行くなら3泊4日? 帰宅翌日はダウンで5連休は必要ですね。ただタンデムは拒否されそう。

たまさん 来年度 還暦でしたっけ? 体力は普段から鍛えているたまさんには叶いません。
椎間板ヘルニアの手術、頚椎症などで 自転車とデイパックの20㎏を押し担ぎで2000m近い山へ頻繁に行っていた 山サイから遠ざかり数年。 下界も肉離れやバイクいじりで 年一か二と 全くといった状態です。定年までと家内との体力維持でタンデム自転車を再度頑張ろうとは思っていますが。

今回 家内からの「うたた寝による ヘッドバット」は有りませんでした。本人は疲れはしてもイヤではないと言っています。 運転する者とリヤシートに乗る者の絶対的違いですネ。

投稿: MAC | 2019年11月20日 (水) 01時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019 九州タンデムツーリング 其の四 | トップページ | 間もなく12月 秋は早足 »