« 間もなく12月 秋は早足 | トップページ | ヘルメット購入& 電熱ウェアー タンデムインプレ »

2019年12月 5日 (木)

電熱ベスト&タイツ 氷点下インプレッション

我が家は当方が暑がり、冬でもシャキシャキ歩くと直ぐに汗が。 冬の電車では暖房と人混みで冬服では大変。 ほとんどの人がコートを着ていてるときに 当方はワイシャツで丁度良い位。 真冬の朝 駅までは重ね着でアウターはソレなりのダウンとかで車内に入る前に脱いでバックに てな状態。 
なのでバイク用ジャケットでは 熱の吸収量の多い黒色のアウタージャケットは持っていません。 インナーに薄いフリースやロンTなどで重ね着ですが どのタイミングの気温で重ね着を合わせてスタートするかがいつも課題です。
それに対し 家内は寒がり。バイクの後ろで巻き込みもあり 膝、手、背中などがどうしても冷えてしまうとの事。 数年前に家内用にGERBINGのインナーグローブを購入。とてもイイお値段でした。 12Vなので車体に電源を設けていますが ジャケットに配線をセットしたりと何かと面倒。 電熱ジャケットやタイツは 諭吉3枚ほどと 気が遠くなる価格。
なので 今回 薄い重ね着の間に着込めるように モバイルバッテリーで使用出来る
 薄手の電熱ベストと電熱裏起毛タイツをアマゾンで格安なのを 家内と2人分を購入。 当方としてはスイッチでON、OFF、出来るので 暑くならない程度での重ね着で寒ければスイッチで3段階調整となればガサばらず楽になります。
78735525_1434355000061480_26277627781227 なので 29日 朝 丹沢の山が雪化粧となった翌日 30日の土曜日、29日の日中の好天で一般道の路面はまず大丈夫だろうと勝手に決めつつ もしもの時を考慮し カブで日の出前に最低気温が-4℃との山中湖へ向けスタート。  


ウェアーは上は綿Tに速乾粗目ロンTに綿シャツでペラペラ裏メッシュ電Photo_20191205221201 熱ベストに薄手フリース。バイクジャケットはラフアンドロードのブレザルフィールドジャケット 綿の混紡、オールシーズンジャケットに中綿ライナー(低価格のやつ)で ミニスクリーン上の風の当たる胸元から首にかけて 胸元をカバーするネックカバーをと フル装備。下は肌着に断熱タイツ。綿無しオーバーパンツに厚手の靴下にネオプレーンソックスでノルデックブーツです。  綿ジャケットなので 完全防備ではありませんが 日中の気温上昇には丁度良い加減に。

松田手前の陽の当たり始めた富士山を写真に。

77341176_1435850959911884_2024647428715577286810_1435852086578438_9465039676118178806098_1435851416578505_43537326405666

ここで1℃程 電熱で寒く感じません。 また ある程度抜けるので 暑すぎることもありません。 小山から明神、三国峠と。県境を過ぎたあたりから路外に雪が。日中の日差しで路面は大丈夫ですが 約-4℃程でしょうか。流石に冷えてきます。
78947343_1435855989911381_91340899446276 74173848_1435860179910962_42468094383226
グリップヒーターにハンドルカバーですが 単独の親指の指先がどうしても冷たい。
78590224_1435461573284156_24149592475288 78257608_1435863279910652_45825855791824
山中湖畔の駐車場へ。 柵の上には柵まだ溶けていない雪が残っています。
コンビニでオニギリとコーヒーを買い 二十曲峠へ向かいます。 忍野から登り始めると 陽の入りにくい所は路面が薄いシャーベット状態。 
78900377_1435866499910330_8904139594623078109112_1435867076576939_8842190803116777372391_1435868749910105_32427493011719
ドライと表面霜と凍結と気が抜けません74908764_1435869089910071_48177526007597 。 トコトコ無理にアクセルを開けなければ意外と順調。 一旦停止して 発進時のスリップ発生、 バーンナウトでブラックラインを着けながら発進したり ユックリ グリップを確認しながら発進するなど 凍結を楽しみながら 峠へ。 
東屋で朝食を済ませ 写真を撮り 下りです。
アクセルオフで後輪がトレースラインを外れていきます。 フロントブレーキはアウトですからブレーキは掛けず直立させたまま 後輪の行く方へジワジワと合わせ路肩まで行き 枯れ葉引っかかって滑り終了。 登りでは滑りの元の枯れ葉がストッパーに早変わりです。
ドゥービルで来ていたら停止した時点で自重で勝手に低い方へ滑って行きそう。

帰路は湖畔から旭が丘から須走と安全ルートで。 御殿場の農道で一休み。 ネックカバーを薄手のフルカバーに交換して都夫良野公園経由で昼に帰宅。 
78403454_1435871253243188_6606791158842577245771_1435872429909737_9180252485053372614670_1435873983242915_12156026997063  
体感に合わせ 温度を切り替えながら半日使用して 10000mAhのモバイルバッテリーで僅かに残っていました。 タイツのポケットにバッテリーを入れると意外と邪魔な位置で座ると当たります。 またスイッチと隣接してしまうのでベルトポーチに入れて使えば問題無しに。 そうすれば 倍の20000mAhのバッテリーで上下稼働可能です。

当方の購入したのは裏地メッシュのⅤ襟のベストタイプで肩のホックと脇のファスナーでサイズ調整が出来ます。 
フリースの下に着て 手の平に収まるサイズの使い捨てカイロを 腹部と背中の腰の付近左右と首のすぐ下の 計5ヵ所に貼っているような感じで温まりますが カイロようなゴワついた存在感は殆んど居りませんがバッテリーだけは ポケットに入れていても肋骨に当たるので別にしておけは 普段着での時でも使えます。タイツは前開きで両膝にヒーターが入っています。 裏起毛なので膝が冷える時にスイッチをONで。 家内のベストは薄手のダウン風のV襟で前後面のスイッチが分かれています。タイツは膝に加え 腹部にもヒーターが入ります。 還暦近くのポンコツ夫婦には これはやめられません。


« 間もなく12月 秋は早足 | トップページ | ヘルメット購入& 電熱ウェアー タンデムインプレ »

コメント

寒がりの奥様のついでにMACさんも電熱デビューしましたか。
我々の年齢になると発熱能力も落ちるんでしょうかね、年々暑さ寒さが体に応えますもん。
私はバッテリー切れが怖くてバイク直結タイプにしましたがモバイルタイプだと使い回し出来そうだし私も悩んだんですよね~。
今後も使い勝手とかバッテリーの持ちとか気になるので続報お願いします。

投稿: たま | 2019年12月 7日 (土) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 間もなく12月 秋は早足 | トップページ | ヘルメット購入& 電熱ウェアー タンデムインプレ »