« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月18日 (土)

スマホ 始めての機種変更

遅ればせながら 「あけましておめでとうございます。」 
今年も無事故で バイクライフをエンジョイしましょう。

話は前後しますが 九州から戻り 3台を適当に買い物ツーリングなどで乗り 12月にドゥ―ビルのオイル、エレメント交換。
その後 年末で バタバタと。 正月休みの9連休もスキーに行く事も無く 家のメンテナンスと喰っちゃ寝生活。 加齢に運動不足も重なり疲れやすくなっているようです。
Kyv46sla_l_01
今まで5年以上利用していた 初代スマホ 「TORQUE G01」もAndroidの調子が良くないのと イヤホーン側と電源側の双方のキャップも取れてしまい 2年後には auVoLTE非対応機種の通信サービスも終了との案内も。アプリや電話の画面も保持出来ない事やナビも画面の移動しないなど しばしばあり 年末に 現行の 「TORQUE G04」に 機種変更とauショップへ。 在庫無しで  auOnlineショップに比べ 2万円以上高く Dsc01580 ポイントなどで 3万円程度で購入できるとの事でOnlineショップで購入。 特展として予備のバッテリーのオマケ付き。 大きさも少し大きくなり 今まで使っていたバイク用のケースもファスナーがまともに閉まらなくなってきたので交換に。 ケース内にQi充電出来るように充電器を入れた状態でバイクに取り付け出来るようにして Bluetoothを利用し インカムでラジオとナビを聞きながら走れるようにしてみました。

正月休みも後半の1月4日 携帯ナビの確認も 兼ね ダイヤモンド富士でも拝もうかと 電熱上下を着込み 日ノ出前に 1人でドゥービルでスタート。 
富士五湖道路に入り トンネルを抜けると路肩に雪が残っていました。 気温もマイナス チョット。先日 カブで来た時と比べ スクリーンの大きいドゥービルでは 身体に当たる風が少なく 電熱ウェアーの温度も上げないで十分温か。 山中湖花の都公園脇で 朝日に照らされる富士山の写真を。
81534868_1472287866268193_4373199983562781888983_1472288322934814_78412945665095
8時過ぎに 富士本栖湖リゾートあたりで山頂から太陽が昇るので移動を。 道の駅なるさわまで行く途中から 路面に融雪剤の粒が目立ってきました。 道の駅で一休みし時間調整を。 
81445073_1472292602934386_2109757698948980980712_1472292786267701_23701893760187
ショートカットで県71号は日陰が続くのと標高が上がるのでリスクもあるので そのままR139で。 タイミング悪く パトカーが前に。 路面も融雪剤でハーフウェット。 注意し進み パトカーが右折した後 遅れを取り戻そうと スピードアップしたものの 8時過ぎの富士は雲の中。 諦め進み 道路から右下の「ふもとっぱらキャンプ場」に 露天にもかかわらず テントが凄い数 設営されています。 
25年前から10年近く この奥の「ふもと村オートキャンプ場」を利用していた頃は ここは元は農大の牧草地で その後 MTBとキャンプ場を兼ね営業。 日陰も全くない牧草地ですから その頃は フル装備の大型のキャンピングカーが 数台 利用していた程度の所でしたが テレビの影響も有るのか 以前 本栖回りも隣合わせで凄い密度でテントが並んでいる状況でした。 今のGoogleMapの航空写真で見れますが 完全フリーサイト。 360°フルオープンのサイトてどうなの?  当方では 絶対無理。 のんびり出来ませんよネ。  
8時過ぎ ふもとっぱらキャンプ場では 朝食の支度に火を起こすも 気温が低く 煙が上がらず キャンプ場(野っ原)の奥の低い所に溜まって 人間燻製になりそう。

富士市へ出て 千本街道で沼津港へ。 
81884976_1472294459600867_7572633714920781151808_1472733266223653_63716740361952
いつものマグロのテール煮を買い 帰路へ。 

今回は 一般道で。 自宅到着手前で オドメーターが 56789㎞となるので写真を81789867_1472294669600846_61865792122336 撮る為 山北手前で停めやすい道へとルートを選び 酒匂川沿いの 開成病院前でオドメーターの56789㎞の記念撮影。 昼に自宅到着。 

電熱ウェアーの使用頻度は少なく バッテリー残量は 85%とスイッチを入れ忘れていても意外と耐えれてしまっていました。 走っていて 爪先だけは 冷たいと感じていた程度で 空気を切り分けるカウル&スクリーン。 イコール 夏は最高に温かいとの結果も出てしまいました。

 スマホナビ&ラジコとインカムもいい具合でした。 ただQi充電は発熱により 途中充電停止を繰り返し ジワーッと電池残量は減っていきました。 現在 各車の固定に使っている ポピュラーなヘルベルトリヒターのマウントもドゥービルのは劣化が進み 噛み込みも緩いのでレックマウントへ変更に。TORQUE G04 専用ホルダーも購入したものの アルミ素材と厚みで Qi充電が使えません。 そこで G04のカバーに直接アタッチメントを重ねてみると辛うじて充電ができるので 色違いのカバーを購入しアタッチメントを直付けに。
Dsc01565Dsc01570Dsc01581
Dsc01571Dsc01573Dsc01572

3連休 最終日の13日 VTRで「稲取港の朝市」へと 日ノ出前 スタート と バッテリーが上がり気味でエンジン掛からず。 ジャンプさせ始動。 7時近くにやっとスタート。 陽も上がって来て海岸沿いなので気温もさほど低くなく 電熱ベストとパンツは温度を上げると 暑いぐらいに。上下共に弱で十分です。 稲取に着いてからは タイツだけにしてマーブルココへ立ち寄り帰宅。
82618107_1481897585307221_31473519185446Dsc01576_2020011803040181902708_1481897738640539_61997841793794
82227504_1481898065307173_1163596358058281803642_1481898158640497_48661989986349
VTRはスマホケース用のヘルベルトリヒターマウントなので Qi充電ケースで。 カバーからのタッチに対し画面の反応が良すぎる分 操作しずらい状況が。 常に通電させず温度上昇により充電がキャンセルされたら通電を 一旦やめ 冷めたら通電が良さそうです。 使い勝手と充電のどちらを優先するかで使い分けるようにし レックマウントを基本のマウントとしてアタッチメントでヘルベルトリヒターマウントとの 両方が使用できるようにしてみましょう。


なので悪天候の18日 どちらへも対応できるように 2種類を作成。
Dsc01582Dsc01583Dsc01587
Dsc01593Dsc01592Dsc01591

ヘルベルトリヒターマウント ⇒ レックマウント と  レックマウント ⇒ ヘルベルトリヒターマウント  で 全車 フルカバーできます。

| コメント (2)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »